ブログ

整備

車両整備~オイル・エンブレム・レギュレータ

エンブレム・オイル交換

今回はオイル交換とリアエンブレム取付です!

こちらエンブレム剥がれです、まるまる無くなっています(*_*)エンブレムがないとインパクトも無くなりなんか寂しいですね、、、

取付しました!! 縦横しっかり合わせて貼らないとMINIの文字が斜めになっていたり、丸枠に収まってなかったりとせっかく貼り替えたのにもったいないですよね(^^ もちろん貼る前に脱脂して取れないように念入りにお掃除します!

エンブレムついでにオイル交換になります!上抜き方法になります、オイル交換は4L・エレメント交換で4.5Lになります!!

オイルエレメント・・・金属クズやすす、ゴミなどが発生しオイルに混じっていきます。そのオイルの不純物を濾過する装置がオイルエレメントなのです。フィルターとして濾過紙が入っており、ここをオイルが通過することにより濾過されるんです!

エンジンにはフィルターがないので、エンジンがゴミなどを除去する機能は持っていません。オイルエレメントがなければどんどんオイルにゴミが発生して不純物の混じったオイルを使って車が走ることになり、車に良くありませんのでオイルのみ交換ではなく、エレメントも定期的に交換していきましょう!

 

レギュレーター交換

こちらのお客様はレギュレータ交換になります!

前回にご紹介しました窓が開かなくなるなどといった故障の原因がこちらレギュレータです。

今回とは別にモーターが故障した場合はパワーウィンドウの動作が遅くなったり、動かなくなったりします。
モーター故障の原因としては、レギュレーターの不具合によるモーターの劣化、モーター自体の摩耗や寿命等があります。

ワイヤーがレールから外れてしまっています、、

新品に交換!!

 

モーターの動力を、サイドガラスを開閉するための力に変換するパーツであるレギュレーターには、アーム式とワイヤー式の2種類があります! アームが故障していれば、サイドガラスが上下する際にガクガクという異音が発生し正常と比較すれば軌道が乱れます。

ワイヤーの故障でよくあるワイヤーが切れているケースでは、サイドガラスを突然開け閉めできなくなる事態が起こります。レギュレーターの不具合が、潤滑性を高まるために塗るグリスが固まってしまっているケースであれば、グリスを塗り直すことでパワーウィンドウの不具合が改善されますので故障だけの原因とは限りません! 

長く乗るのにもメンテナンスは必須になります!大きな故障に繋がっては大変です、、定期的な点検からも発見できることがありますので気軽に点検からでもご相談下さい!(`・ω・´)ゞ

 

JFOLKSへのお問い合わせ

JFOLKSでは、お客様の立場になったサービスや情報提供を心がけております。できるだけ早く回答させていただきますので、お車の件で知りたいことや問題があれば、お気軽にご相談ください。

LINE@での問い合わせ お電話での問い合わせ(フリーダイヤル:0120−559−095) メールでの問い合わせ