ブログ

BMW・MINIの情報

BMWの未来のカタチ 時代をゆく、大手企業と自動運転化の取組みとは?

世界と提携するBMW

常に時代の最先端をいくBMWは今現在、自動運転化に力を注いでいます。
ほかの企業でもその波はかなり大きくなっており、2030年には自動車の運転が違法になるのではなんて冗談がささやかれるほど!

日本企業ではホンダや日産・トヨタ、アメリカではフォードとGoogleが共同で自動運転化に力を入れています。BMWでは自社の技術だけでなく、世界中にあるその道のエキスパートたちと共に歩みをすすめ、最近は中国のGoogleと呼ばれている「百度(バイドゥ)」と手を組み、更に加速中!
加えて、Intelやイスラエルの企業mobileyeとも手を組んで2021年にはロボットカー発売予定なんですよ。

BMWは未来を生きている

未来の車をコンセプトにスポーツカーベースの新しいBMWを発表。コンセプトカーでは、自動運転中はハンドルをダッシュボードにしまってくつろぐこともできる一方、切り替え一つで自分が運転することも可能でした。

興味しんしん!という気持ちもありますが、乗り心地や運転性以上に大切なこともあります。
やはり新しい技術なので安全面を気にする方が多いですね。

しかし、自動運転分野で一番になろうと目論むBMWは、危険物の感知などの安全性には特に注意を払っています。その一つが拡張現実(AR)を使ったもので、実際の映像にCGを重ねるゲームでお馴染みの機能です。
このARを駆使して、道路上に待ち受けるさまざまな危険を察知して該当箇所に矢印で警告しちゃうシステム!

昔、映画や漫画でしかなかった世界をBMWが牽引しています。

BMWらしさはそのままに

完全に自動運転だけでなく、運転モードの切り替えもあり「駆け抜ける喜び」というコンセプトは失われないでしょう。

街をロボットカーが行き交う未来がすぐそこまで迫ってきています。
BMWらしさを楽しめる自動走行、未来が急速に現実味を帯びてきています!

JFOLKSへのお問い合わせ

JFOLKSでは、お客様の立場になったサービスや情報提供を心がけております。できるだけ早く回答させていただきますので、お車の件で知りたいことや問題があれば、お気軽にご相談ください。

LINE@での問い合わせ お電話での問い合わせ(フリーダイヤル:0120−559−095) メールでの問い合わせ