ブログ

整備

車両カスタム~タワーバー・Fリップ装着

タワーバー取付

今回は車両カスタムでお越し頂きまして作業になります。車種はF56になります。
まずタワーバーって??となる方も多いはず、、、そんな方も含めご紹介します。

タワーバーとは・・・
サスペンション上部に取り付けられるアルミやスチール製のバーのことです。左右のサスペンション上部を繋ぎ、ボディー剛性を高めてくれます。
ボディ剛性→ボディ剛性とは、車体骨格の強度のことになります。あくまで走行に必要なボディ強度を指し、 ボディ剛性の高い車であるほど、サスペンションをしっかりと動かせるようになるため、乗り心地が良くなる傾向にあります。

そしてこちら!横に伸びる白い棒状のものこそが今回のアイテムであるタワーバーになります!フロントサスペンション上部にタワーバーを取り付けることで、ボディ剛性を保ち、クイックなハンドリング性能を実現することができます。

タワーバー装着すると・・・・?
タワーバーを入れてあげることでボディの歪みをなくしてあげるということが、タワーバーの目的です。タワーバーを入れることでタイヤの応答性能、グリップ性能が良くなります。
こちらは取付前になります!そう、この写真は誰しもが知る通常のエンジンルーム内になり、何が変わるのか・どこに取り付けるのか・・・疑問ですよね!

タワーバーを取り付けることで、また一味違ったドライビングが楽しめます!!タワーバーを取り付けてより刺激的なカーライフを送ってみてましょう!!(^O^)
また、サスペンションの種類でもストラット式といったものだけではなく、ダブルウィッシュボーン形式、マルチリンク形式のサスペンションにも、ボディ剛性を上げるためタワーバーをつけることがあります。

フロントリップスポイラー取付
こちらのお車はフロントリップスポイラー取付の為ご入庫頂きまして、作業を行いました!今回装着する物はレクサスSC専用に設計されたパーツになります。

フロントリップスポイラーとは?
車のフロント部分やバンパーに取付けるエアロパーツのことで、一般的にフロントスポイラーと言います。フロントスポイラーには多くの種類があり、フロントバンパーとの一体となったフロントバンパースポイラー、フロントバンパーの下部に装着するタイプはフロントアンダースポイラーやリップスポイラーと呼ばれています。

また、従来取付けられているフロントバンパーを残したまま付加するタイプは、ハーフスポイラーと呼ばれており、フロントスポイラーは構造や形状、装着する場所によって変わっています!!
こちらが装着しました写真になります!

疑問点・・
装着したはいいが車検はどうなの・・?

後から純正品以外のアフターパーツを装着することで車検に通らなくなくなってしまうことはあるのか・・といった疑問がありますよね。フロントスポイラーの種類によっては競技用であったり、ドレスアップ効果を重視したデザインを採用する製品も存在するため、一概に車検に通るかはケースバイケースと言えます。ただし、車検時に求められる保安基準を満たしていれば問題なく車検をクリアすることが可能なんです!!(^^)!

車両ドレスアップをすると見た目もガラリと変わり、自分好みの愛車へと変化していきます!!

弊社では車両カスタム・持込パーツ取付なども承っておりますので、気になるパーツや付けたいけどどうすればいいの?などありましたら気軽にご質問・作業ご依頼・お問合せお待ちしております!

 

また、弊社でYouTubeチャンネルを開設いたしました!今の時期はコロナウイルスにより外出自粛ムードですのでご来店されなくても気になるお車・お店の雰囲気など動画の方でも確認できますので、是非是非チャンネル登録と共にご覧になってみてください!(^O^)

そう!JFOLKSの気になるお車見れちゃいます!!
JFOLKSチャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UC2BEa-DYcLliwqwhGLi2GyA/

JFOLKSへのお問い合わせ

JFOLKSでは、お客様の立場になったサービスや情報提供を心がけております。できるだけ早く回答させていただきますので、お車の件で知りたいことや問題があれば、お気軽にご相談ください。

LINE@での問い合わせ お電話での問い合わせ(フリーダイヤル:0120−559−095) メールでの問い合わせ