ブログ

BMW・MINIの情報

愛車のカスタムために学ぼう!ダウンサスはどんなものが良い?

ダウンサスのメリット・デメリット

現在、あなたが所有している車で、車高を調整してみたい、カスタムしてみたいと検討していたりはしませんか?BMWやMINIのカスタムでも見かけるダウンサスには、コーナリングや高速走行でも安定する、タイヤとフェンダーの間を狭くすることで雰囲気を変えるという、見た目にも機能に対してもメリットがあります。

車高を落とす、ともいいますが、今回はダウンサスについてお伝えしていきましょう。よく、”ダウンサス”と”車高調”のどちらにするかで悩まれる方もいますが、おすすめはダウンサス。

車高調整式サスペンションとも呼ばれる車高調の場合、乗り心地はいいですが費用が高額ということもあり、お財布への負担が大きくなります。「フルタップ式」、「ピローアッパーマウント付き」など物によっての価格変動があるので負担も変動します。

また、ダウンサスに比べ、見た目が良いという声もありますが、手ごろな価格で手ごろにカスタムしたいとあれば、やはりダウンサスの方が良いでしょう。ただ、最終的には自身の車のカスタムイメージに合った方を選んでいくのがベストです。

自分でダウンサス

ダウンサスはスプリングの交換だけですが、さまざまなメーカーが取り扱っています。足回りの部品に強いメーカーであり、車高を落として乗り心地も気にする人気No.1メーカーは「RSR」!乗り心地を優先するなら独自の設計を行っている「タナベ」。この2つがトップ企業となっています。

ダウンサス費用についてですが、部品代で1万4千~3万が相場です。ですが工費をプラスすると、5~8万円。そのため、自身で整備したいという意見も聞かれます。

道具が揃っていて構造を熟知していればできなくはありませんが、作業後に整備士に頼んで後検査と整備記録を記入しなければ整備不良車となってしまいます。労力と費用を考えても、あまり得策とは言えない挑戦といえるでしょう。適宜、自身の技量と相談して、難しければお店に依頼するのが吉です。

四輪アライメントとは

ダウンサスを変えたら、四輪アライメントが必要です。四輪アライメントの役割は、タイヤが正しい方向を向いているかチェックするもの。車をダウンサスしたことで生じた微妙なズレを調整し、車の性能や走行性を保つことが目的です。こちらも膨大なデータや車種ごとの細かい設定が必要なので専門家の出番となります。ダウンサスやカスタム、BMW・MINIの中古車についてはJFOLKにまずはご相談ください。

JFOLKSへのお問い合わせ

JFOLKSでは、お客様の立場になったサービスや情報提供を心がけております。できるだけ早く回答させていただきますので、お車の件で知りたいことや問題があれば、お気軽にご相談ください。

LINE@での問い合わせ お電話での問い合わせ(フリーダイヤル:0120−559−095) メールでの問い合わせ