ブログ

新着情報

冬のメンテナンスと対策できていますか?必要なのは◯◯なんです!

車の冬対策

寒さも本格化する季節、「冬のメンテナンスと対策」万全ですか?まず、準備すべき道具として、雪が積もる可能性がある地域ならスノーブラシやスコップは常に車に積んでおくべきですね。また、それ以外の地域でも冬はバッテリーが機嫌を損ねやすいのでブースターケーブルは積んでおきましょう。雪が降らなくても、凍ってしまったワイパーの救出用やフロントガラスの氷を溶かすには氷解スプレーは常備しておきましょう。さらに塗装への影響が気になるなら、エタノールと水を2対1の割合でスプレーボトルに入れたものでも氷解スプレーの代用ができます。グッズを充実させておけば、寒い中での作業も短時間で済ませられますよ!

メンテナンスすべき場所

夏と同じ装備では危険な箇所も多々あります。冬の車に必要なメンテナンスをみていきましょう。

タイヤ

雪が降る可能性のある地域を運転するなら、スタットレスタイヤは必須です。基本中の基本であり、命や車を守る観点からもここだけは必ず守って欲しいですね。また、積雪がすごいところにはチェーンとスタッドレスを組み合わせるなどの工夫も取り入れていきましょう。

エンジンオイルの確認

冬は粘度が高すぎないものを選ぶことで、エンジンへの負担も軽く燃費よくなります。

ウィンドウォッシャー液

いざ使う場面で凍っていては危ないですね。内部で水が膨張し、パーツが破損してしまうことも。冬は不凍液タイプに交換しておくことをおすすめします。

冷却液

クーラント液もヘタっていると凍ってしまうので冬が来る前に点検をし、低温に強いタイプに交換しておくと安心です。

バッテリー

冬はバッテリーのトラブルが多くなるので弱っていないか、液は十分あるかなど点検をしておきましょう。いざという時に突然動かなくなってしまっては気分が落ちてしまいますよね。

ワイパー

いつも使っているワイパーのゴムは寒すぎると硬くなり、視界が保てなくなることも。低温対策のされた冬用のワイパーを装備するほうが安心ですね。

冬対策はしっかりと!

冬の対策は面倒ではありますが、メンテナンスや対策を怠ると大事に至ることもあります。大切な車のためにも、あなたのためにも、軽くみると痛い目に遭わないよう、今のうちに確認と準備をしておきましょう。

JFOLKSへのお問い合わせ

JFOLKSでは、お客様の立場になったサービスや情報提供を心がけております。できるだけ早く回答させていただきますので、お車の件で知りたいことや問題があれば、お気軽にご相談ください。

LINE@での問い合わせ お電話での問い合わせ(フリーダイヤル:0120−559−095) メールでの問い合わせ