ブログ

BMW・MINIの情報

Snow「 雪 」Story ~スタッドレス偏~

さすがに12月寒くなってきましたね~

老体に茨がくいこむようなミシミシした痛みは年々酷くなるばかりでもうすでに春を恋し焦がれております!笑

 

冬のドライブには欠かせないのがスタッドレスタイヤですよね!

今シーズンから新品にしたユーザーは良いとして、倉庫から出してきたスタッドレスタイヤは安心して使えるコンディションですか? 

スタッドレスタイヤに限らずタイヤはゴムを使った「生もの」製品ですので、性質上まったく使っていなくても、保管状態次第では3~5年で寿命を迎えてしまいます。

 

古くなりすぎたタイヤでは安全が確保できないから注意ですよ!

安心して使えるかどうかの目安は、溝の深さとゴムの柔軟性にあります。

夏タイヤの溝については車検時には1.6mm以上の深さを確保しているというルールがありますが、スタッドレスタイヤが雪道で機能を発揮できる基準は約5mmとなっています。

そのため、サマータイヤでは溝が浅くなったことを示すスリップサインが設けられているが、スタッドレスタイヤでは5mm程度の摩耗によってプラットフォームがトレッド面に露出することで摩耗状態を知らせるようになっています。すなわち、車検にギリギリ通るようなレベルの溝ではスタッドレスタイヤとしては寿命が過ぎているのです。

ゴムの柔らかさについてはタイヤショップなどにある硬度計で確認するしかないのですが、毎シーズン冬の時期に使っているとして3~4年でスタッドレスタイヤとしての性能を発揮できる柔軟性が失われることが多いです。

また、ゴムは紫外線などによっても傷んでいきますから、一年中履きっぱなしにしていたり、むき出しで日光に当たる状況で保管していたりするとゴムの劣化は進みます。

 

タイヤを保管する際、立てて保管するか、横に倒して積み上げて保管するか、迷われる方も多いと思いますが、これまた色々な意見はありますがホイールを装着したタイヤはそれなり重く、立てて長期間保管すると接地面が変形してしまうおそれがあります。そのため、横に重ねたほうがタイヤへの負荷は少なくできます。

 

また、ホイール付きの場合は、ゴムやワイヤー部分の負担を減らすために、空気圧は通常の半分程度にしておくとベターです。場所の都合上、どうしても立てて保管になってしまうという方は、月に一度くらいの頻度でタイヤを回転させて接地面を変えるてあげるとよいでしょう。

 

タイヤの保管は汚れをしっかり落とし水分を残さない。後は、直射日光を避けて風通しの良い場所で横積みで保管、これだけでも十分だと思います。

 

JFOLKSでもお客様のスタッドレスを沢山お預かりしておりますが保管には気を付けておりますのでお任せ下さいませ~!

それとそれと、そんな倉庫から溢れる寸前の中古ではありますがホイール付きスタッドレスを今年も格安で販売中ですので気になる人はお声をかけて下さいね!!!

 

≪検索用≫

#JFOLKS#BMW#MINI#COOPER#COOPERS#ONE#R50#R52#R53#R55#R56#R57#R58#スタッドレス祭り#新品スタッドレス#中古スタッドレス#雪道#冬#中古車#故障#不具合#修理##保証#保証期間#代車#ロードサービス

 

JFOLKSへのお問い合わせ

JFOLKSでは、お客様の立場になったサービスや情報提供を心がけております。できるだけ早く回答させていただきますので、お車の件で知りたいことや問題があれば、お気軽にご相談ください。

LINE@での問い合わせ お電話での問い合わせ(フリーダイヤル:0120−559−095) メールでの問い合わせ