ブログ

整備

ヘッドライトコーティング~劣化・黄ばみ

ヘッドライトコーティング

今回はヘッドライトコーティングの作業になります!年式の古い車ほど目立つヘッドライトのくすみ・黄ばみ・小傷など、こういった汚れは洗車で落ちるものでは無い為、どうかしたい!黄ばみは取れないの?など思っている方も多いはず!! それが綺麗になるんです!状態にもよりますが施工すると・・・ヘッドライトが新車時のような輝きに戻るんです!

そこでご紹介します、弊社のヘッドライトコーティング!

作業開始~

まずは研磨ペーパーにてヘッドライトの小傷・ヘッドライトの表面のクリア・黄ばみを研磨していきます。ですが、作業の前に必ずマスキング・養生テープを用いてライト廻りを保護しておきます!研磨の際にボディに接触したら傷がついてしまい、塗膜までも痛めてしまうからです。作業前に行う必須項目になります!( ゚Д゚)

養生し、この状態で第一段階の研磨作業へと移ります

 

研磨する上でどのぐらいの劣化具合なのか、傷の具合などを確認し、その状態に合わせて研磨していきます!通常では見えない傷も、ライト点灯することによって現れる傷も多い為必ず点灯し状態を確認しています!

ライトを点灯しなくても黄ばみははっきり分かりましたが、点灯した際に劣化に伴う小傷が目立ちます。

研磨するにあたり、ペーパーにも順番があり粗い番手から細かい番手へと順番に削っていきます!例えるならザラザラ状態からサラサラへするといった感じになります!表面を滑らかにして整えているんです!(^^♪

削った状態になります。研磨後はヘッドライトが真っ白くなり透明度は0になります。これで研磨作業の工程は完了となり、つぎはポリッシャーでの磨き作業になるんです!

ポリッシャーでの磨き作業もペーパー同様に順番にコンパウンドを使いヘッドライトを磨いていきます。磨くと、白くなっていた表面は徐々に透明になっていき、傷も消えていることが分かりこれだけでも全然違うのですが、あくまで削って、磨いてってだけですとまた時間が経つと劣化が目立ってきてしまいます。そんな劣化を防ぐのがコーティングの役目になります!!

 

弊社で施工していますコーティング剤はスチームにて表面にクリアを塗っていくものになります!ポリッシャーのみの時と何が違うのか・・・

まずヘッドライトの透明感!これは間違いなく変わります。コーティングをする事により、表面の消しきれなかった微小傷なども埋めてくれてクリアも塗っていますので表面の輝き、ライト点灯時の透明感があります!

もう一つは劣化を防ぐ2年耐久になります!施工してから2年程は黄ばみ・劣化などの心配はなくお乗りになれます!せっかく綺麗にするのなら状態を長持ちさせたいですよね!

見違えるくらいに綺麗になりお客様も満足して帰られました!遠方でも毎度弊社に足を運んで頂きありがとうございます!満足していただける事が何よりも励みになります!(*’▽’)

最後に~ご紹介したコーティング有無に限らず、ヘッドライトの黄ばみや曇りは、置き場所や使用状況によって、ずいぶんと変わってきます。紫外線の少ない場所で屋根付きの車庫に保管してあったり、夜はほとんど乗らない(ヘッドライトを使わない)という環境なら、その進行はかなり抑えられるんです。ヘッドライトの劣化が著しい場合は光量不足により車検にも通らないなんてこともありますので気を付けましょう!(^^)

自分の愛車のヘッドライトは黄ばんでいたり、綺麗にしたい!なんて思っていませんか? そんな方には試す価値ありなので気軽にお問い合わせ下さい(^^

 

JFOLKSへのお問い合わせ

JFOLKSでは、お客様の立場になったサービスや情報提供を心がけております。できるだけ早く回答させていただきますので、お車の件で知りたいことや問題があれば、お気軽にご相談ください。

LINE@での問い合わせ お電話での問い合わせ(フリーダイヤル:0120−559−095) メールでの問い合わせ