ブログ

BMW・MINIの情報

ECUをカスタムすることで車の走りが変わる?!気になるその影響とは

ECUカスタムとは?

ECUとは「engine control unit」の頭文字をとっています。具体的にどのように機能しているのかというと、エンジンに取り込まれた空気量から、点火や燃調のベストポイントを計算し制御している装置です。
これがなければ車を走らせることができないほど大切なパーツなのですが、ECUをコンピューターチューニングすることで走りに影響を与え、変化をつけることができるのです。

誰もが乗りやすく安全なようにメーカーが設定していますが、その値をチューニングすることで、トルクが上がり、力強い走りに!また、加速のもたつきがなくなり、さらなる高速走行が可能になるため走り好きにとっては嬉しい効果がみられます。

サブコン、フルコン、書き換えどれが良い?

一口にコンピューターチューニングといっても3つの方法があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

  • ・サブコン
  • その名の通り「サブ」としての役割を担います。純正のECUはいじらず、配線でつなぎ一部をチューニングします。燃調や点火のタイミングのみをチューニングするものが大半でしたが、じわじわと利用範囲を広げており、汎用性が高いのが特徴です。車種専用のものもあり、最も手軽なコンピューターチューニング法といえるでしょう。

  • ・フルコン
  • 純正のECUを取り外して入れ替え、完全にフルコンのみで制御するタイプです。サブコンでは物足りないという中~上級者向きのチューニングです。車の持つ力強さを最大限に引き出せるのがこのフルコンですが、チューニング経験が浅く、失敗してしまうとエンジンが焼き付いてしまうリスクもあります。不安な場合はショップにお任せするのがベターです。

  • ・純正ECU書き換え
  • 専門家によって、純正ECUの値を書き換えることを指します。お願いするショップ・専門家の技量によって変わってきますが、エンジン仕様に適した燃調、点火のセッティングが行えます。近年、純正ECUの高性能化に伴い、ECUチューニングによる快適な走りを簡単に楽しみたい方向けに行われることが多い印象です。

  • ・代表的な商品
  • サブコンならF-CON IS、フルコンならF-CON V.ProやパワーFCなどがよく使われています。

○ECUをチューニングする際の注意点

  • ・チューニングについて経験が浅い、設定に不安がある
  • ⇨ショップ・専門家に必ず相談しましょう。エンジンに支障をきたし、余計な出費が増えてしまいます。

  • ・安いからといって、安易に中古品を使わない。
  • ⇨前の車のデータが入っていて、自車との仕様と異なり、エンジンブローの原因につながったりも。確認と注意が必要です。

  • ・マフラー、エキマニなどを変える予定があるなら、一旦変えてからECUをチューニングするのが良い
  • ⇨1度目の仕様から、マフラー等呼吸気系を変更して2度の仕様変更となると時間もお金もかかってしまいます。

ECUで車をたのしく

サブコンか、それともフルコンか。純正ECUの書き換えも捨てがたいですね。いずれのチューニングも、車に適した仕様にちゃんと変更してあげれば走りを120%で楽しむことができます。

ですが、コンピューターチューニングは場数を踏んだプロでも難しく、ネットで調べてどうにかなるものではありません。まずは、どんなものか興味がある!という方はJFOLKSまでいつでもご相談ください。お車の良さを最大限引き出すお手伝いをいたします。