ブログ

BMW・MINIの情報

BMWのハンドリング BMWの走りを支える、圧倒的操舵性に迫る

バランスは50:50

駆け抜ける喜びを提供する上で欠かせないのが、ハンドリングです。そのBMWのハンドリングのよさのカギを握るのが「50:50」。

BMWはFR(フロントエンジン+後輪駆動)を採用していて、車体の前後重量比は人を中心に50:50の割合にこだわっています。
前輪は操舵性を、後輪は駆動を担当し、ドライバーのステアリングに機敏に反応するため誰が乗っても気持ちのいいハンドリングを実感することができるのです。

曲げたいように曲がる、こんな当たり前の運転手の期待に応えてくれる車、意外と少ないんですよ。

BMWのハンドリング

ミニにおいてはFF(フロントエンジン+前輪駆動)でコストを抑えています。確かにコストはかかるし、エンジンルームは大きくなるし、ほかのメーカーがFRを敬遠するのもうなずけます。

しかし、BMWの方は固くなにFR。
なぜなら、FRの方がハンドリングしやすいことはもちろん、正面からの衝撃に強く搭乗者に被害が少なくなるのです。車を運転する以上、安全性にも配慮が必要ですよね。

また、BMWのハンドリングを支えているのはFFだけでなく、電気機械式(ラック軸並行式)を採用したパワステにも要因があります。スポーツカーや中級クラス以上のSUV車に採用されているドイツZF社のもので抜群のステアリングフィールに定評があります。
国産車はコラムアシストが主流ですが、電気機械式のほうが断然コストがかかる!駆け抜ける喜びの前に妥協という文字はないのかもしれません。

まずは体感

試乗して、そのハンドリングのよさにも注目してみてください!いろいろ書いてはみましたが、体感するのが一番分かりやすいでしょう。コーナリングはもちろんのこと、ブレーキをかけた時の安定性も要チェックです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で