ブログ

BMW, BMW・MINIの情報

007でも登場!ボンドが愛した車 BMW Z8ってどんな車?

BMW Z8といえば

007シリーズの「ワールド・イズ・ノット・イナフ」に登場し、ボンドカーでもおなじみのBMW Z8。映画登場時は、ミサイルを発射してヘリを撃ち落としたり、キーホルダーからの遠隔操作が可能!ツーシーターなのにカップホルダーは6つ付いていましたが、もちろんこれは映画の中だけの設定です。実際はヘリを落とすことはできませんが、市場に出回ったZ8は現在でも人気が高く、その人気の高さはヘリを落とすほどの勢い!さらに、高い希少性からも「幻の名車」ともいわれています。当時は非常に贅沢だったオールアルミニウム製のシャーシやボディーで軽量化を図り、スポーツカーにも劣らぬ速さや、内装の上品さは本当に秀逸なんです。

BMW Z8の乗り心地や性能

オールアルミニウム製のボディーに5LのV型8気筒DOHCエンジンを搭載し、前後重量配分はもちろん50:50!BMWの哲学が活きていますね。パワフルでスタートから100km/hまではわずか4.7秒と加速も早い超スポーツカーなZ8。オーナーからは”じゃじゃ馬”感があるという声も。低速時は硬さがあり、路面の状態が悪いと突き上げる感じもありますがなんのその。乗れば乗るほど体にフィットする感覚はほかの車と一線を画すものがあります。

お試しください!といいたいのですが

ジェームス・ボンドの相棒を務めたラグジュアリーカーでありながら、スポーツカー顔負けの走行性能を持つBMW Z8。オープンカー仕様は、運転の楽しさをさらに駆り立ててくれます。しかし、残念ながら新型のBMW Z8の販売は終了してしまっているのです。そもそも5,703台しか生産されておらず、半数はアメリカに渡っているため絶対数が少ない上に長く所有する方が多いため、中古市場で見かけるのも稀というのが現状。それもあって熱狂的なファンは多く、販売を終えた今でも末長く愛されている車なのです。機会があればぜひ、試乗していただきたい1台といえるでしょう。

JFOLKSへのお問い合わせ

JFOLKSでは、お客様の立場になったサービスや情報提供を心がけております。できるだけ早く回答させていただきますので、お車の件で知りたいことや問題があれば、お気軽にご相談ください。

LINE@での問い合わせ お電話での問い合わせ(フリーダイヤル:0120−559−095) メールでの問い合わせ