ブログ

BMW・MINIの情報

車が臭う…。そんな時どうする?知っておくべき車の臭い対策

梅雨に気になるアレ

今年は比較的、雨が少なく「梅雨」感は薄いですよね。しかし、油断することなかれ!ほかの季節と比べると、雨が多いことに変わりはありません。ましてや、ゲリラ豪雨なども夏は多いですよね。

雨の日、車で友人や恋人、あるいは子供を迎えに行なんて場面も増えるでしょう。そんな時、車が嫌な臭いで充満していたら…。以前、こちらで車の梅雨の対策についてご紹介しましたが、今回は梅雨時期に多い車の「臭い」についての対策をご紹介します。

過去記事:愛車を長く乗るために 梅雨対策に知っておきたい5つのこと

 

車内の臭い対策

まず、チェックしたいのは以前もお話したように、臭いの原因となりやすいエアコン周りの掃除。エアコンを使った後はエンジンを止める前に数分間、送風にしておくとカビや菌を防ぐ効果があるので、習慣にするといいでしょう。とはいえ、完全に防ぐことはできず、エアコンフィルターやエバポレーターに汚れやカビが溜まると、臭いだけでなくカビや菌も車内にばらまくこととなります。自力では手出しできない部分なので定期的にディーラーやショップで洗浄してもらいましょう。

また、車内の掃除方法にも注目。マットは思った以上に水分を含むので、濡れたらしっかり乾かすというのも効果的です。乾いたらシートやダッシュボードなどと合わせて水拭きしておくと汚れが落ち、臭い防止になります。

さらに対策するなら、水拭きの後はシートやマットに重曹を振っておきましょう。半日ほどしたら掃除機で吸い取ると、湿気も臭いもすっきりおさらばです。

雨と車

雨の日にこそ車を使いたい方も多いでしょう。ですが、使った後はお手入れも大切!掃除に重曹を使ったり、水拭きで軽くシートを拭いたりなどちょっとした工夫で、臭いの対策もできてしまいます。カビは臭いだけでなくアレルギーを引き起こし、鼻炎、ぜんそく、皮膚炎、などの原因にもなります。快適な車内を保って、梅雨のドライブを快適に楽しみましょう!