ブログ

BMW・MINIの情報, MINI

まるでゴーカート!?独特な乗り心地を実現するMINIの車体構造

MINIの乗り心地といえば

MINIといえばゴーカートフィーリングという乗り心地が有名ですね。
低重心設計から生み出されるスピード感や、カーブが楽しみになるような食いつきのよいハンドルさばき、遊園地のゴーカートのようなシャープさが魅力!

というと、遊園地での失敗を思い出して不安になってしまう方もいるかもしれませんが、そこはご安心ください。
少し固めのサス設定で安定感をだし、スリップやスライドを防止する機能の搭載されているので、安心を確保しながらゴーカートフィーリングをご堪能いただけます。

MINIのモデルは1つじゃない

BMWのMINI、モデルは2002年発売から現在まで8種類、モデルによってエンジンや内装などが異なります。ハッチバックモデルはMINIらしさを一番受け継いでおり、女性にもファンが多いモデル。2014年にフルモデルチェンジをして2世代よりゴーカートフィーリングが強調されていることで、長年のミニ愛好家にも愛されています。

ワゴンモデルは昔、猟銃や猟犬を載せるスペースがあったモデルで現在でも、広い積載スペースが確保されています。趣味や仕事で大きな荷物を載せる方は要チェックですよ。SUVモデル、MINIなのにゴツい・・・。かわいいゴツさなんですが、初めて見る方はちょっと驚くかもしれません。

MINIの走りを最大限楽しみたいなら、クーペ ロードスターモデル!デザイン性、走行性、ゴーカートフィーリング、どれをとっても大人を満足させてくれるモデルといえるでしょう。

購入する前にご相談ください!

とんねるずの木梨さんやルパン三世の愛車でもあり、遊び心満天な方にこそ乗って欲しい車。しかし、ボディタイプだけではなくグレードも選択する必要があり、オプションも考慮するとちょっぴり複雑です。

自身にあったMINIをお買い求めの際は、専門の知識をもったスタッフまでご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で