ブログ

BMW・MINIの情報

「3人のサンタクロース」

街はクリスマスソングに溢れていますね~^^
皆さんはどんなクリスマスを過ごすのでしょうか?

JFOLKSから皆様に小さな幸せをプレゼント!

車物語「3人のサンタクロース」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな日に限って残業もなく定時で終了。
暖気中のCooperSの車内でため息をついた。

昨年は小さなツリー
シャンペン
ローストターキー
そして彼女が焼いたジンジャークッキー
暖かいクリスマスイヴだった。

彼女と別れた今年はひとりで過ごさなければならない。

いいじゃないか長い人生
冷たい部屋でひとりきりのクリスマスも…

ともうひとりのボクが言った。

クリスマスカードは無事彼女に届いたかな?

じゃぁ別れなければよかったんだ!
もうひとりのボクは怒って背を向けた。

自分へのプレゼントに新調したCooperSの
チタンマフラーは心地よい低音を奏で町の
ジングルベルをかき消すようだった。

駐車場の出口ゲート手前で友人に出会った。

「よう! 今晩はこの道大渋滞で車じゃ通れないよ!」

しぶしぶ僕はCooperSを駐車場に戻し歩いて
帰ることにした。

「まぁ歩いて駅まで行くんだな。これ持ってけよ」
「シャンペン!」

ありがとう!

愛車を会社に置き去りに
イルミネーションの街路樹を歩いた。

「やぁ! パーティ出ないんだってな? 」
「そうだこれひとつあまってんだ持ってけよ」
「ローストターキー!」

ありがとう!

寄り添うカップルを足早によけながら歩いた。

「あれ~! 今日は歩きなんだ? 」
「そうだ今夜は本格的な雪になりそうだよ」
「この傘を持っていけよ!」

ありがとう!

やれやれこのストリートは次々に友達に会うものだ…

クリスマスソングに笑い声
デコレーションされたショーウィンドウ

早くここから逃げ出さなければ!

「あらっ」

聞き覚えのある声に振り返ると
目の前に別れた彼女がいた。

「デスクにあなたからのメッセージがあって」
「このストリートを19時に東から西に歩くようにって!」

そんなメッセージを僕は…?!

「いよー! ご両人~!」

「メリークリスマス~!」

通りの向こうから3人の友人が笑顔で手を振っていた。

そういうことか。

「私、あなたからの連絡待ってたのよ」
「会えて嬉しいわ!」

見つめあう僕たちの視線を遮るようにはらはらと
雪が舞い降りた。

僕は友人から持たされ傘を広げた。

なんだこれ?!

ツリーの様に装飾された傘に寄り添い
2人笑顔で駅までの道を急いだ。

Escape and become free.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で